一条オフィシャルブックサイト「一条本」
本
02

死は不幸ではない

  • 『人生の修活ノート』

    著者一条真也
    出版社現代書林ページ数 128
    価格1,000円(税抜)

    第1部 人生を豊かにするにするために 第1章 「老い」を豊かにする「修活」 第2章 「死」を恐れない「修活」 第3章 お墓の修め方 第4章おカネやモノの修め方 他

  • 『死を乗り越える映画ガイド~あなたの死生観が変わる究極の50本』

    著者一条真也
    出版社現代書林ページ数 256
    価格1,400円(税抜)

    まえがき 第1章 死を想う 第2章 死者を見つめる 第3章 悲しみを癒す 第4章 死を語る 第5章 生きる力を得る あとがきにかえて最後にもう1本

  • 『墓じまい・墓じたくの作法』

    著者一条真也
    出版社青春新書インテリジェンスページ数 192
    価格850円(税抜)

    プロローグ お墓に向き合う「こころ」と「かたち」 第1章どうする? 実家のお墓、自分のお墓 第2章「お墓を継ぐ」ということ 第3章 人生を修めるためのお墓造り 第4章 後悔しないお墓選び 他

  • 『唯葬論〜なぜ人間は死者を想うのか』

    著者一条真也
    出版社三五館ページ数 344
    価格1,800円(税抜)

    第1章 宇宙論 第2章 人間論 第3章 文明論 第4章 文化論 第5章 神話論 第6章 哲学論 第7章 芸術論 第8章 宗教論 第9章 他界論 第10章 臨死論 第11章 怪談論 第12章幽霊論 他

  • 『永遠葬〜想いは続く』

    著者一条真也
    出版社現代書林ページ数 208
    価格1,200円(税抜)

    はじめに「葬儀は人を永遠の存在にする」プロローグ 東日本大震災の教訓 第1章 『葬式は、要らない』から『0葬』へ 第2章 もう一度、葬儀について考えよう 第3章 日本はいつから変わったのか 他

  • 『決定版 終活入門〜あなたの残りの人生を輝かせるための方策』

    著者一条真也
    出版社実業之日本社ページ数 192
    価格1,000円(税抜)

    はじめに「終末から修生へ、終活から修活へ」 序章ー死が怖くなくなる方法 第1章 準備のためにしたいことーエンディングノートの真の役割 第2章 葬儀こそ最高の舞台ー最期をデザインする 他

  • 『死が怖くなくなる読書~「おそれ」も「かなしみ」も消えていくブックガイド』

    著者一条真也
    出版社現代書林ページ数 256
    価格1,400円(税抜)

    はじめに 第1章 死を想う 第2章 死者を見つめる 第3章 悲しみを癒す 第4章 死を語る 第5章 生きる力を得る あとがきに代えて

  • 『命には続きがある~肉体の死、そして永遠に生きる魂のこと』

    著者一条真也、矢作直樹
    出版社PHP研究所ページ数 192
    価格1,200円(税抜)

    はじめに;生と死の交差点に立つ者同士 第1部 死の不思議~ スピリチュアル体験の真相 第2部 看取る~人は死とどう向き 合ってきたか 第3部 葬る~人はいかに送られるのか 他

  • 『のこされた あなたへ 〜3.11 その悲しみを乗り越えるために』

    著者一条真也
    出版社佼成出版社ページ数 256
    価格1,500円(税抜)

    まえがき;遺族からすべてを奪った3.11 序章;グリーフケアとは? 他 第1章 葬儀ができなかったあなたへ 第2章 遺体がみつからないあなたへ 他

  • 『葬式は必要!〜最期の儀式に迷う日本人のために』

    著者一条真也
    出版社双葉新書ページ数 192
    価格740円(税抜)

    まえがき;葬式は人生の卒業式 序章;「葬式無用論」への反論 第1章 人はなぜ葬式をするのか 第2章 死は最大の平等 第3章 葬式にはこんな不満がある 他

  • 『最期のセレモニー ~メモリアルスタッフが見た、感動の実話集』

    著者一条真也
    出版社PHP研究所ページ数 189
    価格1,200円(税抜)

    まえがき;「逝く人の思い・送る人の心」 私は、あと半年の命です他 おくりびとの涙 音楽隊 メモリアルコーナー他 あとがき 死は最大の平等である

  • 『思い出ノート』

    監修一条真也
    出版社現代書林
    価格1,000円(税抜)

    はじめに;このノートを書く意味 第1章 あなたのことを教えて下さい 第2章 なぜお葬式をするのか 第3章 思い出ノートについて 他

  • 『涙は世界で一番小さな海 ~「幸福」と「死」を考える、大人の童話の読み方』

    著者一条真也
    出版社三五館ページ数 204
    価格1,300円(税抜)

    プロローグ ハートフル・ファンタジーとは何か 第1章 人魚姫 第2章 マッチ売りの少女 第3章 青い鳥 第4章 銀河鉄道の夜 第5章 星の王子さま 他

  • 『また会えるから』

    著者一条真也
    出版社現代書林
    価格952円(税抜)

    美しい写真と詩で悲しみが溶けてゆく...注目のグリーフケア・フォト・ブック。世界中の別れの挨拶には「また会いましょう」という意味が込められている。

  • 『愛する人を亡くした人へ~悲しみを癒す15通の手紙』

    著者一条真也
    出版社現代書林ページ数 172
    価格1,100円(税抜)

    第1信 別れ 第2信 儀式 第3信 自然 第4信 いのち 第5信 受容 第6信 死の体験 第7信 悲しみ 第8信 癒し 第9信 学び 第10信 愛 他