一条オフィシャルブックサイト「一条本」
本
  • HOME
  • 一条真也の本
00

全ての書籍

  • 『命には続きがある~肉体の死、そして永遠に生きる魂のこと』

    著者一条真也、矢作直樹
    出版社PHP研究所ページ数 192
    価格1,200円(税抜)

    はじめに;生と死の交差点に立つ者同士 第1部 死の不思議~ スピリチュアル体験の真相 第2部 看取る~人は死とどう向き 合ってきたか 第3部 葬る~人はいかに送られるのか 他

  • 『のこされた あなたへ 〜3.11 その悲しみを乗り越えるために』

    著者一条真也
    出版社佼成出版社ページ数 256
    価格1,500円(税抜)

    まえがき;遺族からすべてを奪った3.11 序章;グリーフケアとは? 他 第1章 葬儀ができなかったあなたへ 第2章 遺体がみつからないあなたへ 他

  • 『葬式は必要!〜最期の儀式に迷う日本人のために』

    著者一条真也
    出版社双葉新書ページ数 192
    価格740円(税抜)

    まえがき;葬式は人生の卒業式 序章;「葬式無用論」への反論 第1章 人はなぜ葬式をするのか 第2章 死は最大の平等 第3章 葬式にはこんな不満がある 他

  • 『最期のセレモニー ~メモリアルスタッフが見た、感動の実話集』

    著者一条真也
    出版社PHP研究所ページ数 189
    価格1,200円(税抜)

    まえがき;「逝く人の思い・送る人の心」 私は、あと半年の命です他 おくりびとの涙 音楽隊 メモリアルコーナー他 あとがき 死は最大の平等である

  • 『思い出ノート』

    監修一条真也
    出版社現代書林
    価格1,000円(税抜)

    はじめに;このノートを書く意味 第1章 あなたのことを教えて下さい 第2章 なぜお葬式をするのか 第3章 思い出ノートについて 他

  • 『涙は世界で一番小さな海 ~「幸福」と「死」を考える、大人の童話の読み方』

    著者一条真也
    出版社三五館ページ数 204
    価格1,300円(税抜)

    プロローグ ハートフル・ファンタジーとは何か 第1章 人魚姫 第2章 マッチ売りの少女 第3章 青い鳥 第4章 銀河鉄道の夜 第5章 星の王子さま 他

  • 『また会えるから』

    著者一条真也
    出版社現代書林
    価格952円(税抜)

    美しい写真と詩で悲しみが溶けてゆく...注目のグリーフケア・フォト・ブック。世界中の別れの挨拶には「また会いましょう」という意味が込められている。

  • 『愛する人を亡くした人へ~悲しみを癒す15通の手紙』

    著者一条真也
    出版社現代書林ページ数 172
    価格1,100円(税抜)

    第1信 別れ 第2信 儀式 第3信 自然 第4信 いのち 第5信 受容 第6信 死の体験 第7信 悲しみ 第8信 癒し 第9信 学び 第10信 愛 他

  • 『「あの人らしかったね」といわれる  自分なりのお別れ<お葬式>』

    監修一条真也
    出版社扶桑社ページ数 127
    価格1,400円(税抜)

    はじめに;お葬式は究極の自己表現 著名人たちの"お別れのかたち" ステージ1;お葬式のかたちは自分で選ぶ!ステージ2;お葬式の流れをおさえよう! 他

  • 『魂をデザインする~葬儀とは何か』

    著者一条真也
    出版社国書刊行会ページ数 317
    価格1,942円(税抜)

    1,葬儀という舞台空間〈山口昌男〉2,葬儀の民俗学〈井之口章次〉3,世界の他界と葬儀〈山折哲雄〉4,神道的宇宙と葬儀〈鎌田東二〉5,葬儀のスタイル〈井上章一〉他

  • 『ロマンティック・デス~月を見よ、死を想え』

    著者一条真也
    出版社幻冬舎文庫ページ数 272
    価格533円(税抜)

    序論;死のロマン主義に向けて 第一部「死」 第二部「月」 第三部「葬」 あとがき解説玄侑宗久

  • 『ロマンティック・デス~月と死のセレモニー』

    著者一条真也
    出版社国書刊行会ページ数 437
    価格2,427円(税抜)

    序章;死のロマン主義に向けて 第一部「死」 死ぬ瞬間に何が起きるのか他 第二部「月」 月と日本人他 第三部「葬」人類の文化は墓地から始まった他

  • 著者一条真也
    出版社光文社ページ数 227
    価格680円(税抜)

    読み継がれる聖典・経典は誰の手により、何が書かれているのか? 原文をわかりやすく訳してみると義務やタブーばかりではない、意外で面白い事実が見えてくる。

  • 著者一条真也
    出版社サンガページ数 467
    価格1200円(税抜)

    「礼欲がある限り、儀式は不滅である」人類に普遍の文化である葬送儀礼の不滅の価値を説いた名著、待望の文庫化。

  • 著者一条真也
    出版社すばる舎ページ数 200
    価格1400円(税抜)

    世の中で「一流」と言われる人には共通点がある。それは、ご先祖さまを大切にすること。日本人の宗教意識や倫理観についての言論活動を続けてきた著者が提言する一流の流儀。

  • 『般若心経 自由訳』

    著者一条真也
    出版社現代書林ページ数 32
    価格1,000円(税抜)

    「空」とは「永遠」のことだった。「般若心経」は死の真実を解き明かす!死は不幸ではない!そこには、万人が死を受け入れるための呪文が隠されていた。「永遠」の秘密、大いなる智慧を説いた待望の自由訳。

  • 『唯葬論〜なぜ人間は死者を想うのか』

    著者一条真也
    出版社三五館ページ数 344
    価格1,800円(税抜)

    第1章 宇宙論 第2章 人間論 第3章 文明論 第4章 文化論 第5章 神話論 第6章 哲学論 第7章 芸術論 第8章 宗教論 第9章 他界論 第10章 臨死論 第11章 怪談論 第12章幽霊論 他

  • 『超訳 空海の言葉』

    監訳一条真也
    出版社KKベストセラーズページ数 256
    価格1,500円(税抜)

    はじめにー空海のという超天才 人生が楽になる空海の三つの教え 一 己を信じる 二 悩みと向き合う 三 他者との関わり 四 生と死 五 仏の教え 六 自然との調和 空海年表

  • 『ミャンマー仏教を語る~世界平和パゴダの可能性』

    著者一条真也、八坂和子、天野和公、井上ウィマラ
    出版社現代書林ページ数 108
    価格1,000円(税抜)

    世界平和パゴダに想う/ミャンマーと日本のかけ橋をめざして 第1章 世界平和パゴダと日本 第2章 ミャンマー仏教の 役割 パゴダプロジェクトに寄せて~縁の行者からの応答

  • 『慈経 自由訳』

    訳・著者一条真也
    出版社三五館ページ数 32
    価格1,000円(税抜)

    親から子へ、そして孫へと伝えたい「こころの世界遺産」。
    『論語』や『新約聖書』にも通ずる、ブッダからの「慈しみ」 のメッセージを美しい写真とともにお楽しみください。