一条オフィシャルブックサイト「一条本」
本
01

幸福を求めて

  • 著者一条真也
    出版社メディアパルページ数 135
    価格990円(税抜)

    本書では、実践礼道小笠原流をベースに、美しさを感じさせる所作と振る舞いを集めました。美しくみせるコツや、気をつけるポイントを知れば、ぐっと印象が変わります。

  • 著者一条真也
    出版社現代書林ページ数 576
    価格3200円(税抜)

    鎌田東二VS一条真也
    儀式とグリーフケアを語り尽くす!

  • 著者一条真也
    出版社現代書林ページ数 256
    価格1500円(税抜)

    次なる社会のキーワードはすべて「心ゆたかな社会」へとつながっている。
    ポスト・パンデミック社会の処方箋。

  • 著者一条真也
    出版社現代書林ページ数 32
    価格1100円(税抜)

    「慈経」の教えは、老いゆく者、死にゆく者、そして不安をかかえたすべての者に、心の平安を与えてくれます。

  • 著者佐久間庸和
    出版社弘文堂ページ数 208
    価格2700円(税抜)

    大切な人を失った人たちと、その悲しみを癒やしたいと願う人たちに捧げる、
    鎮魂のためのテキストブック

  • 監修一条真也
    出版社現代書林ページ数 103
    価格800円(税抜)

    「終活」は今、「修活」へ。
    人生100年時代を迎え、"修活本"がついに発売!

  • 著者一条真也
    出版社毎日新聞出版ページ数 267
    価格1,200円(税抜)

    冠婚葬祭は、人生の味わいを深くしてくれる。
    豊富な経験と深い教養で、折々の儀式を語る珠玉のエッセー。
    「サンデー毎日」連載の大人気コラムが単行本化!

  • 著者一条真也
    出版社光文社ページ数 227
    価格680円(税抜)

    読み継がれる聖典・経典は誰の手により、何が書かれているのか? 原文をわかりやすく訳してみると義務やタブーばかりではない、意外で面白い事実が見えてくる。

  • 著者一条真也
    出版社サンガページ数 467
    価格1200円(税抜)

    「礼欲がある限り、儀式は不滅である」人類に普遍の文化である葬送儀礼の不滅の価値を説いた名著、待望の文庫化。

  • 著者一条真也
    出版社すばる舎ページ数 200
    価格1400円(税抜)

    世の中で「一流」と言われる人には共通点がある。それは、ご先祖さまを大切にすること。日本人の宗教意識や倫理観についての言論活動を続けてきた著者が提言する一流の流儀。

  • 『般若心経 自由訳』

    著者一条真也
    出版社現代書林ページ数 32
    価格1,000円(税抜)

    「空」とは「永遠」のことだった。「般若心経」は死の真実を解き明かす!死は不幸ではない!そこには、万人が死を受け入れるための呪文が隠されていた。「永遠」の秘密、大いなる智慧を説いた待望の自由訳。

  • 『はじめての「論語」』

    著者一条真也
    出版社三冬社ページ数 192
    価格1,600円(税抜)

    1章 仁(じん) 人間には、愛と思いやりが大切です!
    2章 義(ぎ) 将来、「何をしていくか」を見つける
    3章 礼(れい) 人として生きる「道」を守る  他

  • 『人生の修め方』

    著者一条真也
    出版社日本経済新聞出版社ページ数 208
    価格1,500円(税抜)

    終活より修活 1老いることをポジティブにとらえよう 2「好老 社会」というコンセプトを見直そう 3「好老社会」の源流を求め て 4古代中国は「好老社会」だった 他

  • 『人生の修活ノート』

    著者一条真也
    出版社現代書林ページ数 128
    価格1,000円(税抜)

    第1部 人生を豊かにするにするために 第1章 「老い」を豊かにする「修活」 第2章 「死」を恐れない「修活」 第3章 お墓の修め方 第4章おカネやモノの修め方 他

  • 『儀式論』

    著者一条真也
    出版社弘文堂ページ数 600
    価格5,500円(税抜)

    1章 儀礼と儀式 2章 神話と儀式 3章 祭祀と儀式 4章 呪術と儀式 5章 宗教と儀式 6章 芸術と儀式 7章 芸能と儀式 8章 時間と儀式 9章 空間と儀式他 10章 日本と儀式 11章 世界と儀式他